ネズミの駆除やその後の予防策

ネズミは、ダニやノミなどが寄生しているため、衛生的な面においても厄介な生き物です。
自宅内にネズミがでてしまうと、物をかじり、糞や尿などによる臭い、屋根裏や室内を夜中に移動するため、その足音による被害なども考えられます。



また、ダニやノミなどが室内に増えてしまうと、肌などのかぶれ、かゆみなどの症状に悩まされることにもなりかねません。
そのため、すみやかにネズミを駆除することが望ましいといえます。
ですが、ネズミの習性などをあまりよく知らない場合には、市販グッズなどを自分で購入して仕掛けても、うまく駆除できない場合もあります。



そのためある程度料金がかかりますが、専門の駆除業者に依頼して、早期解決をはかるのも1つの手段です。

また、駆除が終わった後、新たなネズミが侵入してこないとも限りません。
その後に関してもしっかりと予防策をして、再び被害がでないようにすることも重要なポイントです。
侵入経路などを探り、侵入してきそうなポイントを塞いだり、補強したりすることで簡単に室内に入り込んでこないように対策をしましょう。



また、自宅周辺をうろつかれたりしないように、忌避効果のある超音波のグッズを仕掛けてみたり、忌避剤などを定期的にまいておくのもいいでしょう。

一度侵入されると、食べ物、家電、自宅の柱などさまざまなところをかじり、またそのほかの被害などを考えるとかなりのものです。


そのような事態が起きないように、しっかりと予防策をしておくことも大切です。